読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人になって感じたこと

 

最近はブログの更新ができずにいたのですが、時間に余裕が出来てきたので少しずつ始めようと思います(^^;

無事就活も終わり、地元の会社に勤めることになりました。それまでは大学院で研究を行っていて、研究室に夜遅くまで、時には午前3・4時まで研究を行うこともありました。自分の時間がなかなかとれず、精神的にかなり辛い時期でもありました(^^;そのような経緯もあって、残業が少ないであろう会社にターゲットを絞り、最終的にその会社に勤めることとなりました。

現在社会人1年目の若手です(笑)そして現在工場で研修を行っています。社会人となってからわずか5ヶ月ですが、学生では感じ得なかったことがあります。この記事は特に大学生以下の人たちには新鮮に聞こえるかもしれませんが、社会人の大先輩方には当たり前なこと、もしくは間違ってんじゃねえかとお思いになられるかもしれませんがご了承下さい(^^;それでは行きます!!

 

 

社会人になって感じたこと

 

1.社会人の朝は早い

学生時代と比べてとにかく朝がはやくなりました(^^;朝起きるのが苦手な人にとっては慣れるのは少し大変ですがさすがに1週間もあれば慣れると思います。夜勤の方はもちろん別です。

 

2.自分の時間と引き換えに金をもらう

 とにかく、自分の時間が無くなります。当然と言えば当然ですが、学生の時のように夏休みが2ヶ月なんてことはあり得ません!!自分の時間を確保したい人は残業が比較的少ない企業に勤めた方がいいかもしれません。もしくは、自営業とかいいかもしれません。(自分の親は自営業ですが、ほぼ毎日仕事しています...)

 

3.人間関係が大切

 学生時代に比べて格段に多くの人と交流を持たざるを得ません!!学生時代の時は同年代の友達や先輩・後輩くらいの交流だけでしたが、社会には、様々な世代の人や、経歴の人がたくさんいます。人間関係は必要最低限のマナーと思いやりがあれば、特別に構える必要はないのですが、ここが一番大変なことだと思います。仕事のストレスの多くは人間関係からくるものと聞きますし。

 

4.自分の人生は自分で決める

これは学生や社会人関係ないことだと思いますが、社会人になってとても強く感じるようになりました。自分が就職する会社を決めるのは自分ですし、自由を求めて会社をやめるのも自分、何か新しいことを始めるのも自分です。正解はないのです。たまに給料が少ないだとか、残業が多いとか、不満を漏らす人がいますが、別に雇ってもらう必要はないのです。自分で自分の道を切り開く勇気がないだけです。そうはいっても自分で起業するのは大変で、大変な努力が必要になるのは目に見えていますが(^^;

 

5.金を稼ぐのは大変だと気づき、親のありがたみを痛感する

第一に全然お金がたまりません!!社会人1年目で給料が少ないからかもしれませんがなかなかお金が貯まりません(T-T)学生時代の衝動買いは控え、もっぱら節約生活です。また、親のありがたみを学生時代以上に痛感するようにもなりました。

 

 

まとめ

社会人には言い訳が通用しません。みなさんホントに真面目に仕事に取り組んでいます。尊敬すると同時に自分もそういう社会人になる必要があると感じます。ただ、学生時代と比べ、働いた分のお金は少ないながらも貰え、そのお金は自分のものです(笑)その分、学生より大きな買い物ができるようになります。(ただ、自分はなるべく大きな出費をしないようにしていますが)少し脱線しましたが、最後に一つ言えるとしたら

社会人は自由だが大変だ!!

ってことですね(^^;