読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事で感じること

 

社会人になり早くも2年目。

だんだんと職場環境には慣れてきましたが、やれることが増えてくるごとにまだまだやらなくてはいけない、学ばなければならないことがたくさんあると、社会に出てきて気づき始めました。

現在、私は会社の開発部門にいて、ある製品の完成を目指し、日々先輩方と共に残業の毎日です(笑)その製品は世に出れば、皆さんの目に触れることも多いのではないかと思っています。

然しながら、当然ながら辛いという気持ちはあるのですが、(特に重要な会議の時や、納期に間に合わせるためにやらなければいけないこと等が増え、手が回らないとき時等)仕事を通じて、製品が目に見えて出来てくることに喜びを見出し始めてきたのも事実です。また、過去の自分より間違いなく成長していると感じた時などは、仕事を続けてよかったな、と素直に思えるようになってきました。

 

仕事が大変と思っている方は、たくさんいらっしゃると思いますが、本当に仕事に没頭できるようになれば、あまり苦に感じなくなってくるかと思います。自分の能力UPのために会社から給料をもらいながら勉強できると考えればなんのそのです。

その分、成果を出さなければならないのは間違いはないのですが...

 

最近は仕事をベースに生活のリズムを作っています。学生の頃は残業がなく、楽な仕事をしたいと思っていましたが、仕事が忙しくなり、自分の仕事が少しずつ会社のためになってきていることを実感するようになって、もっと仕事をがんばんなきゃ、と思えるようになりました。(いつまでこの思いが続くかわかりませんが、できるだけこの気持ちのままでいたいです)

 

会社のために働くのではなく、自分のスキルアップのために働いていると考えるとものすごく仕事にやりがいが出てきます。また、仕事以外で自分なりに知識やスキルを習得しようとしていると、なんとなく、仕事もできるようになり、そんなに仕事が苦にならなくなります。

 

現在は開発で主に設計を行っているので、自分なりにCADソフト(モデル・図面等を作成する製品開発では欠かせないもの)を使用したり、本屋に行って仕事で必要な基礎知識を吸収するようになってから、少しずつですが、仕事が出来るようになってきました。自分が尊敬している人から褒められたこともあります。(それでもまだまだ未熟者ですが...)

 

仕事が出来る人は間違いなく仕事に真面目で、大量に仕事をこなしています。

これは社会人になって知りました。

あと、できる人に大量に仕事が回ってくるのも事実です。

それでも、何とか仕事ができる人になり、コイツならやってくれる...と思われるような立派な社会人になりたいですね(^^;