CADの操作方法

仕事でCADと呼ばれる図面作成ソフトを使用していますが、その上達方法について少しお話したいと思います。

基本的な操作方法はここでは記載しませんが、どのような方法が一番手っ取り早く操作スキルをマスターできるかというと、「実際に操作してみる」ことです。

当然といえば当然ですが、やればやるほど上達します。

私が仕事で使用しているCADソフトは「Creo Elements/Direct Modeling」というCADソフトです。

SolidWorks 等の流通数が多いソフトでは、書店でたくさんの関連した書籍があるのですが、Creo Elements/Direct Modelingの書籍は残念ながらそんなには多くありません。

なぜなら、とても値段が高く、一般向けではないため、そこまで流通しないからです。SolidWorks は有料ですが、Creo Elements/Direct Modelingよりは安いと思います。

普通、CADソフトは高額で、一般の人にとっては手を出しにくいものですが、Creo Elements/Direct Modelingには無料版が存在していて、有料版には機能面で足らない部分はあるものの、基本的な操作方法は同じなので、仕事でCADを使用している人(主にCreo Elements/Direct Modelingを使用する人)はインストールして実際に使用してみるのが上達の近道です。

会社では最新版に近いもの(頻繁に更新しないため最新版ではないです(笑))を使用していますが、無料版ではそれ以前のバージョンのものを無料でインストールできます。ボタンの位置は多少異なりますが、機能はほとんど同じなので無料版で慣れてしまえば、有料版でもそう苦労せず使用することができます。

基本的には、ワークプレーンという平面上に図形を描き、押し出すという作業がベースとなり、一度使ってしまえば、なんとなく使えるようにはなります。しかしながら、細かな形状等はそれなりにCADを使えないとうまく形状を描くことができません。スピードや正確さ等で大きく熟練者と未熟者で差が生じ、仕事が出来るかできないかが大きく分かれるところです。

CADを操作したての頃は、全然思うように形状を描けず、苦労しました(穴位置がずれる、モデルが壊れてしまう等)が、家でモデルを書く練習をしたところ、CADで仕事が出来る最低限のレベルには達成することが出来たと思っています(笑)

自分がCADの練習で使用した書籍は

 この二つです。SolidWorks向けですが、基本的な操作方法が分かれば全然問題なく使用できます。とても分かりやすく、本を進めるにつれて上達していくことが分かるのでお勧めです。またモデリングをした後に図面化する練習もしておいたほうが、実務で役立ちます。スムーズにモデル・図面をかけるようになるので仕事が出来るようになること間違いなしです!何事も地道にコツコツ努力が基本です(*^^*)