CADの上達のコツと技術者としての心構え

あなたは仕事でCADを使用していますか?

そもそも、CADって何?って人も多いと思いますが...(^^;

世の中の形あるものは、基本的に設計する段階で図面と呼ばれるものを設計者が書いております。その際に図面を書き上げるのに使用するソフトがCADと呼ばれるものです。CADは初めのうちは、操作方法を覚えるのに一苦労します(^^;

そこで、CADの上達のコツをお教えしたいと思います。

 

CADの上達を促すコツ

1.自分のPCに無料版CADソフトをインストールし、練習する

やはり、どんなに物事を習得するのが速い人でも、それなりに覚えて使いこなすには時間がかかります。そこで、会社だけでなく、家のPCに無料のCADソフトをインストールして、実際にモノを作ってみるのをお勧めします。

私は、無料のCADでミニ四駆を設計しました。以下がその画像です。

f:id:wakaimon:20170919204935p:plain

やればできるもんです(笑)

やはり、練習あるのみだと思います。ある程度練習すれば、それなりになれます。

上記は2~3カ月かけて、家で徐々に作っていきました。

ここまでできれば、あまりCADを使うのが苦ではなくなります。

2.ゼロ秒思考をし、頭の回転を良くする

意外と思われるかもしれませんが、ゼロ秒思考をするようになってから、CADの設計スピードが速くなったし、ミスもなくなってきました。CADの練習をしなくなったのにもかかわらずΣ(・□・;)

というか、すべてのものにおいて、スピードアップが実現でき、考えられないスピードで終えることができるようになりました(^-^)

信じられないかもしれませんが...

ゼロ秒思考については以下の記事を参照願います。

wakaimon.hatenablog.com

 マジで変わりますよ!お勧めします(^O^)

3.会社の出来る先輩の真似をする

現在私は、会社で最高レベルに出来る先輩が隣で教えてくれる、最高の環境にいます!もちろん、要求してくるレベルも高くなるのは必然ですが(^^;。教えを請えば、色々やり方を教えてくれますので、非常に助かっております。その人からCADの操作だけでなく、仕事のやり方を見て、できるだけ真似して吸収するように心がけています。

そして、その人と比較して自分には何が足りないかを常に考え、どうすればその穴を埋めることができるかを常に考えています。このような日々の積み重ねが大切だと思っております。

 

結論として、CADは、やり方さえ覚えてしまえば、あとはその人の能力次第で出来が左右してくるようなものです。あまり練習を重ねてもそこまで上達するものではないと思っております。

そして、何度も言うようですが、ゼロ秒思考が効果を発揮してくるのだと思います。

だから、CADの勉強を始めよう!というのも大事なのですが、それよりもすべての物事に対して有効な「ゼロ秒思考」が出来るようになってください!というのが本当に言いたかったことです!

 

続いて、せっかくなので、技術者として、何が大切なのか考えていきたいと思います。

技術者として、大切なこと

1.常にどうすれば上手くできるかを考え、実践する

これは、日々、仕事をしていく中で、常に意識する必要があるものです。

この意識があるかないかで、仕事が出来るようになるか、または出来ないままで終わってしまうかを決める大切な心構えです

この考え方を仕事に適用できれば、仕事は徐々にできるようになります。

2.あきらめない

物事が途中で嫌になり、投げ出してしまう人がいます。これでは、どんなに仕事が出来る人でも、技術者としては未熟です。自分の担当業務に対して責任を持ち、最後までやり遂げてください。辛いですが、やれるはずです。

3.良い習慣を持ち、継続させる

仕事ばかり行っていると、仕事一色になってしまいます(^^;

そして、少しずつ能率が落ちていることにも気づきません。

仕事の効率を上げるためにも、ストレスを発散するために走る、頭を良くするためにゼロ秒思考を行う等、良い習慣を続けていきましょう!習慣は、その人の能力そのものを変えうる無視できないものです。

どうか自分でよい習慣を見つけ出し、日々実践していってください。

 

まとめ

以上、CADの上達のコツ、技術者として大切なことを述べてみましたが、一社会人として大切なこととしてそのまま置き換えることができます。

多分、一つの仕事が出来る人は、職種が変わろうが、できます!

どうぞ仕事が出来る人になってください。仕事で得た知識・習慣は、大きく人生を変えてくれるものになります。

そして、人生を悔いがないよう、楽しく過ごせるように心がけていきましょう!