節約の大切さ

社会人となり、節約の大切さを実感しています。なかなかお金が貯まらないからです^^;学生時代はあまり節約をしようとは考えなかったのですが、節約しなければ、これから更にお金が必要となった時に困りますよね。そこで節約の大切さを再確認し、これからも節約生活を送りたいと思います。

 
 

 節約の大切さ

 

1.いざという時に自分の身を守る

節約をしなければ、毎日高級な服を着て、美味しい物を食べ、高級マンションなんかに住むことができるかもしれません。大量のお金を稼ぐ力があれば可能かもしれませんが、自分の身にそぐわない暮らしを行なえば必ず破綻します。いくら稼ごうが出費を抑えない限りお金が貯まることはありません。どんな人にとっても間違いなく大事で必要なことです。
 

2.節約で浮いたお金を活用できる

日々の節約により浮いたお金で、自分の行動範囲を広げることができます。例えば、自分のスキルを上げるための自己投資を行い、稼ぐ手段を身に付け、節約で浮いたお金以上のお金を生み出せる可能性さえもあります。逆に、お金がない状態で何もできなければ、さらにお金がない生活を強いられる可能性もでてきます。節約することで自分の行動範囲を広げ、有意義な生活を送るように心掛けましょう。
 

3.節約の心構えが自分の成長の助けとなる

これは自助論という有名な本で読んだのですが、節約は"自助の精神の最高表現"と記載されていました。自助の精神とは、自分で自分を助けようとする精神のことで、人間が真の成長を遂げるための礎です。詳しくは自助論を読んでください(^^;とても素晴らしい本で、生きていく上で模範となるような本です!!節約を心掛けることで自分を成長させることができます。正直、この考え方は自分は自助論を読むまでありませんでした。節約とは、みじめで情けないものとさえ思っていました(^^;節約を心掛けるようになってから物を大切に扱うようになり、その結果、人間関係さえも大切に扱えるようになってきた気がします。みなさんも節約を行うことで自分を大きく成長させていってください!!
 
 

まとめ

節約とは、みじめで情けないものではなく、自助の精神の最高表現であり、人の真の成長を遂げる行為だと考えていってください。このように考れば、節約がいかに大切であるかを理解し、実行していこうという気持ちになれると思います。自分もこの度、再度節約の大切さを認識させられました(笑)

節約を心掛け、自分自身を成長させていきましょう!!