メモをとる必要性とは?

 

みなさんは「メモ」を取りますか?

自分は、最近、取るようになりました...

 

突然ですが、現在、大学院生として、研究を行っております。

まあ、自分は大したことをしておらず、偉大な教授の下、必死になって食らいついているだけですが...実は、「大学院はいい所に!」と、某旧帝大の院試を受け、無事合格し、今に至っております。その中で、メモをとる必要性を日々、痛感し、実践するようになりました。

 

それまでは、メモをとったりはしていませんでした...

が、メモをとる必要性を感じ、メモをとるようになりました。

メモをとる必要性を自分の体験を踏まえ、以下にまとめてみます。

 

 

 

~メモをとることの必要性~

 

 

1.すぐに忘れるのを防ぐ

自分は今まではメモをとる事「など」しておりませんでした(笑)しかしながら、人生、甘くはなく、メモを取らないと、全くついていけない状況になってきました。特に、教授など、ものすごく頭がいいとされる人は、豊富な専門知識をマシンガントークでしゃべりますので、全くと言っていいほど聞き取れません。そんな状況で、メモをとる重要性を痛感し、メモを取り始めました。人間、誰でも、忘れますよね。ホンの数秒前のことだって忘れます。連続して話をされると特に忘れてしまうのでメモをとにかく取りまくっています。「メモしといてよかった!」って痛感する毎日です。

 

2.相手に敬意を示すことになる

これは、メモを必死になってとっていて気づいたんですが、メモを取り始めて、自分が書き終わるのを、待ってくれるようになりました。いつもではありませんが…基本的に、メモをとる時は、目上の人の話の時だけですよね?後輩の話をメモるっていうことは普通はしません。(物凄くためになる場合は除きます)それを逆手にとり、先輩への敬意を示すために、メモをとることをオススメします。メモを取ることで、相手は、「自分の話をしっかり聞こうとしているんだな」って思います。もちろん、メモを取る「フリ」をすると、バレた時に逆効果ですので、悪しからず。

 

3.時間を巻ける

今の世の中、「レコーダーで記録すればいいじゃん!」って思っている人もいるとは思いますが、多分、二度手間となるだけか、もしくは後で聞き直すのが面倒でただ聞き流すだけとなります。その時には役に立つかもしれません。が、その場ですぐに質問をした方が、大変であるようですが、実は「楽」です!そして自分は基本的には、必要以上の努力をしたくない人です...勤務時間が終わったらすぐに家に帰れる。って状況に憧れます。が、世の中、そうはいきませんよね。メモをとることで、後々の処理が楽になる事は確かで、その結果、仕事を早く片付けられ、自分の自由時間であったり、帰宅時間を早くすることだったりも出来ます。メモをとることは結果的に「時間」を巻くことになります!

 

  

 

~上手なメモの取り方~

 

 

1.うまく書こうとしない

これはかなり重要なことです。文字をうまく書こうとすると、メモをとるスピードが落ちるので、自分が読み取れる程度の汚さでいいと思います。メモを取る時の字は格段に汚いのですが、やはり、あとになって思い返す時、ものすごく役立ちます。

 

2.文章で書こうとしない

文章で書いてしまうと、相手の会話に当然ついていけません。はじめから文章で書く事は難しいので文章でメモしたいのであれば、必要な部分だけにしてください。単語や数字を書いておくだけでも、思い出しやくすなります!

 

3.簡単な図を入れる

時間があったらでいいと思うんですが、メモをとる際に、簡単な図をいれるとあとで思い出すときに非常に「楽」です。ただ文字を取るだけでも取らないよりはマシですが、簡単な図でいいので書いておくと振り返る時に便利です。

 

4.プライドを持たない

自分の経験から言うと、今までメモを取れなかったのは、多分、プライドが邪魔していたんですかね...そんなもの、かなぐり捨てて、メモを取り敢えず取る事をオススメします。はじめは上手くメモを取れないかもしれません。が、慣れればメモをとる重要性を改めて実感すると思いますよ!

 

 

~まとめ~

 

 

メモを取らない人も多いんでしょうか?

自分もメモは取らない派でしたから...

でも、メモを取ったほうが何もしないよりは遥かに良いことが分かります。

実際にメモを取ると分かるんですが、メモをとることは疲れます...

でも、その場で「メモ」を取ればのちのち「楽」ですから、「メモをとる習慣」を身につけ、競争社会を「生き抜く力」となってくれれば嬉しいです(^O^)

参考になれば幸いです。