知識獲得のために勉強をするのか、あるいは頭を良くするために勉強をするのか

社会人となり、果たして勉強の目的が正しいのかふと疑問に感じました。

勉強をする目的は、基本的には知識を獲得することが第一だと思っておりましたが、それよりも、頭をよくする勉強を行うことがより大切なのではないかと感じるようになってきました。

もちろん、知識を獲得するために勉強することは重要で避けられないことだと思ってはいるのですが、大した知識を持ち合わせていなくとも、切れる頭脳を持っていれば何とかなるんじゃないかと感じるようになりました。実際、仕事が出来る人は例外なく頭が切れる人です。(もちろん知識も相当にありますが(^^;)

私はというと、知識のための勉強を行い続け、それなりに結果は出してきているとは思うものの、仕事が出来るかといわれると疑問符が付きます(笑)

勉強して、知識を獲得できたとしても、それを上手に使いこなせる頭脳がなければ勉強しても意味がないんじゃないのかと思い至りました。

そこで、最近は知識を得るための勉強ではなく、頭がよくなる勉強を自分なりに考え、実践しております。具体的には、「音読やブログの更新」を行うことです。

wakaimon.hatenablog.com

wakaimon.hatenablog.com

ブログの更新がそこまで効いているかはわかりませんが(何せ、習慣として身についてきておりません(^^;)、音読をすることで頭が切れるようになってきた実感はあります。音読をすることによってコミュニケーション能力が鍛えられ、人と話すことが苦にならず、仕事が楽しく、楽に感じられるようになり、周りの方々と協力して仕事を進められるようになってきました。たとえ、知識がなくとも、コミュニケーション能力があれば、一瞬のうちに解決できます。また、失敗しても余裕でカバーが出来るようにもなります。会社は大きな目標のために進んでいるので、協力して物事を進めていかないと全く進みません。

仕事が出来る人はコミュニケージョン能力を持ち、様々な知識を持っている人のことです。

wakaimon.hatenablog.com 

知識を多く持ち合わせている人が必ずしも仕事が出来る人であるとは一概には言えず、それよりも知識はあまりないが、頭が良く、コミュニケーション能力があり、仲間と協力できる人が仕事が出来る人、といえるんじゃないでしょうか?

この記事で言いたかったことは、

本当に勉強ができるようになりたければ、知識獲得のための勉強ではなく、頭が良くなる勉強を優先すべきである

 ということです。